形成外科

ごあいさつ

当院形成外科は、藤田医科大学形成外科と連携し、高度な治療を提供しています。対象となる疾患は、顔面を含む皮膚疾患です。一般に形成外科では、皮膚の整容に関する外科的治療を担っていますが、当院では皮膚科が担当する皮膚疾患、皮膚腫瘍なども形成外科で対応いたします。また熱傷(やけど)、母斑、血管腫、脂肪腫、ケロイド、顔面骨骨折、加齢性眼瞼下垂などの治療を行います。当院では、高度な技術を持つ形成外科医による、特に整容にこだわった形成外科治療を提供しています。

レーザーによるしみ・あざの除去

診療の内容と特色

アンチエイジングの勧め
当院では、アンチエイジングを目指した自費による治療を提供しています。これらの治療は、いわゆる美容を求める美容形成とは全く異なる思想からなっています。つまり、自分とは別の美しい容姿に変わることを目的にするのではなく、加齢変化を打ち消し、若かりし自分を取り戻すための治療です。以下の治療を行っています。
シミに対するレーザー治療
シミに対して、医療用レーザーによるシミ除去術を行っています。顔面に出来るシミは、特に加齢変化を感じさせる要因となります。医療用レーザーを用いて、シミを薄くすることが治療の目的です。エステサロンなどと異なり、形成外科医による安全な医療行為です。
加齢性眼瞼下垂に対する外科治療
加齢による上眼瞼(上まぶた)の垂れ下がりは比較的多くの方に認められる症状です。程度によっては、視野の妨げになったり、顔貌の変化を来したりします。これに対して、上眼瞼(上まぶた)が垂れ下がらない様、手術治療を行います。特に整容に重要な部位であり、形成外科医による技術が重要な治療となります。
  • 奥本 隆行

    奥本 隆行おくもと たかゆき

    出身大学 慶應義塾大学
    医師免許取得 昭和62年
    主な専門領域 形成外科一般 頭蓋顎顔面外科 再建外科
    専門・資格
    学会・役職等
    藤田医科大学形成外科教授 日本形成外科学会専門医 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医 日本創傷外科学会専門医 日本形成外科学会小児形成外科指導専門医 日本形成外科学会マイクロサージャリー指導専門医 日本口蓋裂学会認定師 日本形成外科学会理事 日本頭蓋顎顔面外科学会理事 日本口蓋裂学会理事 日本創傷外科学会評議員
  • 山内 真希子やまうち まきこ

    出身大学 秋田大学
    医師免許取得 平成22年
    主な専門領域 形成外科一般
    専門・資格
    学会・役職等
    形成外科専門医

外来担当医表

  • 診療時間

    午前00:00~00:00

    午前00:00~00:00

    ※診療時間30分前より受付開始

  • 休診日

    土曜午後・日曜・祝日・年末年始

午前  

山内 真紀子

   

奥本 隆行(皮膚科)

 
午後    

奥本 隆行(皮膚科)

     

休診・代診情報

  • 2024.07.10

    7月10日(水)奥本隆行Dr.は休診です。

  • 2024.07.12

    7月12日(金)奥本隆行Dr.は休診です。

診療実績